ポケモン"人を楽しませるプロデュース"ドラクエ

[CEDEC 2010]ポケモンの石原恒和とドラゴンクエスト市村龍太郎が言う"人を楽しませるプロデュース"




日本を代表するゲームフランチャイズである『ポケットモンスター』と『ドラゴンクエスト』。 CEDEC2日目の特別招待セッションとして、"人を楽しませるプロデュース"というタイトルの講演が、株式会社ポケモン代表取締役社長CEO石原恒和氏とスクウェアエニックスの市村龍太郎氏、吉田直樹氏を招いて行われました。



ほとんどのメインホールで大変な人気の中で、さらにニコニコ動画の生中継も同時セッションだったが、急いで石原氏は、"せっかくなのでドラゴンクエスト対ポケモンの戦いを盛大にするのが雰囲気じゃないかと思ったが、そのような後々響くんで、今日はお互いに褒めお互いのような形で、さっき楽屋で決定した"と宣言。

しかし、しかし、ほとんど聞くことができない石原氏のポケモンへの思いを聞くことができ、非常に興味深い内容になっています。

ポケモンの石原氏は、スクウェアエニックス市村氏

■人を楽しませるとは

まず、講演のタイトルにも選ばれている"人を楽しませる"という意味のつもりです。

石原氏は時代遅れですがと前置きしながら、"自分が心から楽しめる、満足のいくように作るのがまず必要ではないでしょうかそれから、個人的に、できるだけ多くの人に楽しんで受け取るために、全年齢対象以外のゲームは作りたいと思わないことができます。 CEROで言えばAとパッケージに書かれていることは非常に重要だと考えています"と説明しています。

一市村氏は、"可能でないを作成するが、見たことのない、いや、そうかも、このような微妙な調整が重要だと考えています。あまりにも独創的なことは言うことが難しいため、作品の持つ世界観に合わせて、誰もが認めて事実、革新的なことをするというのが私の考えです。"

■ポケモン専門会社

石原氏の率いる株式会社ポケモンは、『ポケットモンスター』の原因が著作権を持つ任天堂、クリーチャーズゲームフリーク3社が共同出資して設立されたポケモンのための会社です。ポケモンのブランドを世界中にもっと広めていくために、プロフェッショナルで、それだけを考えている集団です。

歴史を紐解けば、1996年の『ポケットモンスター赤緑』がGameBoyで発売され、口コミで広がり、後に大ヒットです。その後、アニメーション、映画、様々な商品、公式ショップ、海外展開と幅広い展開をする中で利害関係者の調整やブランド全体のプロデュースのために株式会社ポケモン生まれました。

特化した会社がある派生商品のブランドの強みを生かしていくようです。 "派生商品を作るというのは、キャラクターを消費するというのが私のイメージがあります。ため、可能なキャラクターを強化する形の商品を開発、製作するということを意識しています派生商品を作ることがポケモンの世界を、より強力なものにする形でしなければならないと思っています"(石原)

同じようなビジネスを考えると、ウォルトディズニーやサンリオのキャラクタービジネスという意味では親しい関係だが、様々なブランドを扱うという意味で、ポケモンに特化したの異色です。しかし、"この間から読売新聞社と協力して、巨人戦でポケモンの展開をしているのに、当時の株式会社読売ジャイアンツのは非常に近い間柄だと感じました。巨人のブランドを常に考え、未来の子供のための野球教室を実施する。ゲームやキャラクタービジネスとして考えていたので不思議な印象でした"

■ドラゴンクエストのすれちがい通信悔しかった

GameBoy通信の重要性を発表した『ポケットモンスター』だったが、『ドラゴンクエストIX』のすれちがい通信の大当たりは、非常に悔しかったようです。 "すれちがい通信『Nintendogs』で始まり、『ポケモン不思議のダンジョン』では、複数のゲームで交差する仕組みも導入しました。初めから非常に緻密に考え抜かれたシステムの自信もあったが、ルイの酒場全然勝つことができなかった。本当に悔しい"(石原)

のいちむらさんの場合には、"事実すれちがい通信は、特にそんなに力を入れたものではなく...でも、感覚的にmixiのような交流する人の数が増えているカウンターのようなことは興味深いとはありました"と回答。

石原氏に原因の分析は行うことができます"長くゆっくりと売れるポケモンは、すれちがい通信に多くの人々が一気に遊べる環境を作ってこなかったので、雰囲気に陥ったことになったのだと思っていますまた、ドラゴンクエストがより多くの年齢層が上であるため、情報の電波が早いということもあると思います。"石原氏は物静かに淡々と話をする雰囲気を見せているが、"次の作戦はまた立てている"と負けず嫌いな一面も見せていました。

市村氏の課題では逆に長く売ることがあったが、『IX』度別に効果を挙げたと言うことはできません。その点については、石原氏は冗談をしながら、"それは企業ドラゴンクエストがないからだ"と言いながら、"ポケモンは常に保持を高めるための戦略を立てて、イベント、およびデバイスを続けています。それが少しずつ聞こえているのが大きいのが"と言っていました。

■アニメは、"ダイの大冒険"を推薦した

retentionを増加させるという意味では、毎週放送されるアニメは見逃すことはできません。しかし、初代『ポケットモンスター』をリリースした時点で、トレーディングカード以外の拡張ということは何も考えていないとしています。 "96年の間で最もゲームを発売してはならない2月27日に発売し、同年10月カードの発売、来年4月のアニメーションを開始しました。でありポケモンいて、映画が公開され、ほぼ3年ごとに本編のタイトルを作ってきました。 "

非常に早いアニメだったが、『ドラゴンクエスト』を原作にした"ダイの大冒険"のアニメを参考にしたとします。 "どのように起動して、どのように終わったか?勉強しました。非常に丁寧な表現だが、そうされないようにアニメーションをプロデュースすることをひたすら考えていました。アニメーションの拡張は何クールである、従って、ピークのための努力ではなく、次の『ポケットモンスター金』に向けてどのような媒体を総動員して爆発させるための布石の一つなので、"

ちなみに、ゲームやアニメのストーリーの関係については、"結果的に前後があっていますが、大変なことになっています。それは、人ではないが(笑)結局、同時進行するので、誰かがこけると皆こける構造です。ため、コケようにするのと同じ転んでも大丈夫なように精神を鍛えています(笑)。"

■変わるものと変わらないもの

最後に、2人の総括コメントがありました。

"今日の話を聞いていて、ドラクエとポケモンは、共通する部分があるんだと思っていました。それは変わらない部分があるということですもちろん、ユーザーが多様になっており、新たな努力も必要だが、ドラゴンクエストらしさを忘れずに、今日のテーマ上のような"人を幸せにするプロデュース"を意識して、うまくいけば、できるだけ多くの人を幸せにして人類全体に遊んで受け取るゲームを作っていきたい"(市村)

"変えない方がお客様は安心しています。一方で新しい刺激をしてほしいという要求事項があります。私は変えることを躊躇しないのですが、冒頭で述べたようなすべての年齢層を対象にしたアンケート製作するのは変えないつもりです。ポケモンは、カジノという施設があり、いくつかの地域では、ギャンブル性のあるもの全年齢対象にすることができないということです。その時はとても心配しましたが、最終的にその表現にマスクをかけてでも全年齢対象を選択しました。一人あたりの表現したいことは、その手段は違うと思いますが、私はこの世の中のすべての人々が楽しんで受けるエンターテイメントという領域でプロデュースしていきたいと考えています"(石原)



ミニパーツ ミニクーパー ローバーミニ専門店 通販 | クラシックミニデルタ

スパイスゴールド販売/アムステルダム カンナビスカフェ

クレジットカードのショッピング枠現金化・即日キャッシング・即日融資|アイサポート

ハンドメイドアクセサリー専門ショップ ジストランド!JISTLAND.COM

有村智恵愛用のインカローズ などの波動入りブレスレットの販売

[PR]

by bjkcine147 | 2010-09-16 17:51